キャプテン・マーベル

監督:アンナ・ボーデン、ライアン・フレック
脚本:アンナ・ボーデン、ライアン・フレック、ジェネヴァ・ロバートソン=ドゥウォレット
原題:CAPTAIN MARVEL
製作年:2019年

175451_3

ここまでMCUで重要なエピソードになるとは思っていなかった。
グースこそがキャプテン・ニャーベルかと思ったらそんにゃレベルじゃなかった。
キャプテンアメリカとは方向性の違うスパイアクションではあるのだが、登場キャラの明るさではこっちの勝ち。
何より、観る前にガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを再見しておくべきだったと痛感。
キャロルが絶妙に芋臭いが、そこそこ可愛い容姿なのが、本編中、何一つ色っぽい話が無いのがうなづける元に。
レンタルの主流がVHSだったり携帯電話がなくポケベルだったりという時代感に気付かなきゃ、過去の話だって分からなそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパイダーマン:スパイダーバース

監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン
脚本:ロドニー・ロスマン、フィル・ロード
原題:SPIDER-MAN:INTO THE SPIDER-VERSE
製作年:2018年

174851_1

観たのは日本語吹き替え版。
原作を知らなくても云々な惹句は相変わらず散見されるが、知っておくに越したことはない。
ただ、原作のスパイダーバースを読むと余計混乱するので、あれは読まない方がいいw
グウェン、悠木碧の大人声?っていうか沢城みゆき調な演技を引き出す。
あの流れでメイおばさん登場は号泣してしまう。
それにしても、ハムを出すか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版シティーハンター〈新宿プライベート・アイズ〉

監督:こだま兼嗣
脚本:加藤陽一
製作年:2019年

175572_1

心地よきマンネリ。その辺はルパンと一緒。
飯豊まりえの声の演技力、凄い。キョウリュウジャーから腕を上げてらっしゃる。
海坊主の目が見えてるんだか見えてないんだかわかんない演出多数。
キャッツアイ、戸田恵子の演技と言うか声に、もはや違和感。泪の声までやっていたことは凄いし泣ける話でもあるけど。
新宿と言う呪縛は、そろそろ限界なのか。もはや魔界都市にするしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翔んで埼玉

監督:武内英樹
脚本:徳永友一
製作年:2018年

175746_1

魔夜峰央キャラなデザインを、そのまま放り込んでくるという偉業。
正直、幕間劇である結納に急ぐ家族は無くてもいい。
この映画を心底楽しめるのは埼玉県民と千葉県民。
伊勢谷友介の本気キス・・・
GACKT様が高校生で通じるのは魔夜ワールド脅威の説得力。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクアマン

監督:ジェームズ・ワン
脚本:デイビッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリック、ウィル・ビール
原題:AQUAMAN
製作年:2018年

175058_1

鷹の爪団のせいで、本作は「サバ夫」以外考えられない。
屋根の上を走って逃げるとか、ワイスピでも観たなw
結構地球レベルの危機だったりするんだが、他のJLAメンバーは沈黙。何かしら存在を匂わせてほしかった。
サバ父の30年での老けっぷりと、サバ母のそれがまるで違うw
サバ夫が結果的に使役していたタコゴジラ(仮)、実はパシリムに出てたカイジュウだよな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がっこうぐらし!

監督:柴田一成
脚本:柴田一成
製作年:2019年

175850_2

所謂、王道のゾンビ映画に仕上がっている。
胡桃を主役に持ってくることによって、由紀に必要以上に焦点が合わず、ストーリー的にスッキリと再構成。
とにかく胡桃がカッコカワイイ。
ゾンビ役のエキストラの上手い下手が顕著にわかる俯瞰シーン多用w
ゾンビものなのにレーティング意識しすぎてゴアシーンはほぼゼロ。それと共にゾンビの腐敗もないので、劇中数か月過ぎているのに、その時間を感じさせないのが問題。
映画版だとキャベツは正確w
ある意味、キレイに終わらせるために原作の重要な出来事を丸々ないことにしたのは正解だったのか・・・まぁ続編はないだろうし正解なんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセコイ

監督:河合勇人
脚本:小山正太、杉原憲明
製作年:2018年

175886_1

勿体無いというか、時間の制約的に仕方がないんだろうが、最初から噛ませ犬臭が半端ない小咲。
もはや出す意味はあったのかレベルの万里花、誠士郎。
リュックが先生、だと・・・まだリュックで行けるぜ松本まりか。
DAIGOの演技力がバンガードとは段違いだった件。
千棘のリボン、もう少し大きくても。
劇中劇のロミオとジュリエット、フルバージョンで観たいレベル。
オチが直球すぎる点を除けば、良い出来のラブコメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴェノム

監督:ルーベン・フライシャー
脚本:ジェフ・ピンクナー、スコット・ローゼンバーグ、ケリー・マーセル
原題:VENOM
製作年:2018年

172814_2

ツンデレのシンビオート、ヴェノム。完全に薄い本用。
脚本の雑さ・・・ヴェノムがエディを気に入った理由が不明確。ヴェノムが恐れるレベルの強さに見えないライオット。
そもそもヴェノムとライオットの見分けが画面上付きにくい。
エンドロール途中の最初はわかる。次回の続編のヴィラン紹介だ。
だが、最後の映像は予備知識なしじゃ意味不明にもほどがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アントマン&ワスプ

監督:ペイトン・リード
脚本:クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ、ポール・ラッド、アンドリュー・バレル、ガブリエル・フェラーリ
原題:ANT-MAN AND THE WASP
製作年:2018年

171408_1

前作を観るのはマストで、シビルウォーもマスト。要はMCU全部観ろっては毎回言ってる通りw
笑えて、泣けてってのは、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーもあるけど、アントマンはまたベクトルが違うんで、凄いよなぁっていう。
前作のイエロージャケットの方がヴィランらしいっちゃらしいのが、な。ストーリー上は気にならないんだが、ヴィランがちょい迫力不足。
散々笑わせて、最後に泣かせて、いつものエンドクレジットで絶望に陥れるってすごいよな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

銀魂2 掟は破るためにこそある

監督:福田雄一
脚本:福田雄一
製作年:2018年

174657_1

福田雄一と銀魂の親和性に改めて感動する。
前半に怒涛のバカネタを詰め込み、後半一気呵成に泣かせに来る緩急。
ただ、唐突すぎるさっちゃんの登場が残念。
佐藤二郎の延々アドリブ独演は、これを観に来たんだ感が強い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧