« ケータイ捜査官7 第29話 「発進!ソリッド」 | トップページ | トミカヒーロー レスキューフォース 第34話 「戦いはあくまで人命救助のために」 »

ダイアリー・オブ・ザ・デッド

いわゆるブレアウィッチ形式の作品だが、思ったよりも観やすい画面作り。

オチも救いもない、これこそゾンビもの!
ゾンビの倒され方が、どれも笑えてしまうのはナゼだろう。
東京のシーンが、あまりにも・・・日系人。

今回のスーパースターは耳の遠いジイさん。

|

« ケータイ捜査官7 第29話 「発進!ソリッド」 | トップページ | トミカヒーロー レスキューフォース 第34話 「戦いはあくまで人命救助のために」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/43191141

この記事へのトラックバック一覧です: ダイアリー・オブ・ザ・デッド:

» 映画を観るなら ダイアリー・オブ・ザ・デッド(2007) [映画を観るなら]
ンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロの新作。やっぱりこの監督のゾンビ映画が一番面白い。クローバー・フィールドやRECのような最近はやりの映画のように、登場人物たちが回しているビデオを通して映像を観るというやり方もよくできていた。(最近のこの手法の映画は.. ... [続きを読む]

受信: 2010/12/22 01:15

« ケータイ捜査官7 第29話 「発進!ソリッド」 | トップページ | トミカヒーロー レスキューフォース 第34話 「戦いはあくまで人命救助のために」 »