« 音街かしわ 野外ライブ2008(2008/10/05) | トップページ | モモタロスよ永遠に -イマジン終着駅-/劇場版 »

ウォンテッド

とことんコミックチックな過剰表現が面白いけど、何か80年代くさいのはナゼ?

アンジェリーナ・ジョリーが実はヒロインのようでヒロインでないw
弾丸で弾丸を撃ち落とすシーンは快傑ズバットの1話を思い出してしまう。
都合のいい設定がバンバン出てくるところなど、日本のマンガっぽいところもある。

続編の作りようが無さそうな潔いエンディングも良し。

|

« 音街かしわ 野外ライブ2008(2008/10/05) | トップページ | モモタロスよ永遠に -イマジン終着駅-/劇場版 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/42704902

この記事へのトラックバック一覧です: ウォンテッド:

« 音街かしわ 野外ライブ2008(2008/10/05) | トップページ | モモタロスよ永遠に -イマジン終着駅-/劇場版 »