« ケータイ捜査官7 第14話 「セブンの子守唄」 | トップページ | トミカヒーロー レスキューフォース 第16話 「レイと寿里 火事場の友情パワー」 »

僕の彼女はサイボーグ

開始2分で観るのがイヤになった。

綾瀬はるかが、ヘンなことをする。ただそれだけが見所。
脚本は乱雑で整合性が無く、要所要所はターミネーターのもろパクリ。
演出のせいか、役者の演技までがわざとらしいオーバーアクションになり、見苦しい。
ブラックジョークの場面がいくつかあるが、ブラックすぎてドン引き。

十数年前の日本を、昭和30年代のように描いてるあたり、無知というかなんというか。

|

« ケータイ捜査官7 第14話 「セブンの子守唄」 | トップページ | トミカヒーロー レスキューフォース 第16話 「レイと寿里 火事場の友情パワー」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

邦画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/41889435

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の彼女はサイボーグ:

« ケータイ捜査官7 第14話 「セブンの子守唄」 | トップページ | トミカヒーロー レスキューフォース 第16話 「レイと寿里 火事場の友情パワー」 »