« ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル #5「ベラルゴシティの罠」 | トップページ | ケータイ捜査官7 第11話 「サンキュー電撃作戦」 »

トミカヒーローレスキューフォースプレミアムショー(2008/6/21)

東京おもちゃショー2008にて行われたショーのレポートです。
撮影禁止でしたので写真はありません。

初のレスキューフォースショー体験だったのですが、なんと役者公演でした。
展示会の併設イベントしては、かなり豪華なことではないでしょうか。

ステージに輝、響助、レイ、寿里が登場。
タカラトミーの紙袋を持って舞台袖に向かって挨拶しつつ石黒隊長が登場。
紙袋の中身を取り上げる4人。中身はタカラトミー製のレスキューフォースのメカのおもちゃ。
「今後のレスキューメカの開発に役立てようと・・・」としどろもどろの隊長w

そもそもレスキューフォースの面々がおもちゃショー会場に来たのは、異常振動をキャッチしたため。
異常振動の源を捜索するために舞台から去るレスキューフォースの面々。
すると入れ替わりにネオテーラのマール、サーン、シーカがアクスト6名を引き連れて登場。3幹部の声はテレビと違いました。
その手にしていたクライシスメーカーは「泣きな菌」。この菌に感染すると悲しくなって泣いてしまうらしい。テレビ本編とは比べ物にならない小さい超災害です。

さっそく散布を始めるサーン。
そこへ駆けつける輝、響助、レイ、寿里。案の定、菌を吹き付けられてしまうw
そして始まるクライシスメーカー争奪戦。
輝、泣きながらアクスト4人と対決。
で、そのパターンを響助、レイ、寿里で繰り返すのだが、泣きながらでも全員強い。
寿里は泣きながらも火事場のスーパーパワー発揮。

そこへ隊長から通信。レスキューフェニックスでワクチンが完成。投与して強化スーツを着装せよ。とのこと。

で、4人が舞台からはけまして、着装して登場。
R2はブレイクアックスで、R3はブレイクハンマーで、R4は火事場のスーパーパワーでネオテーラを蹴散らします。
最後にR1がレスキュークラッシャー・マンティスモードでマンティスインパクトを放ち、クライシスメーカーごと3幹部を吹っ飛ばして終了。
会場の子供たちと一緒に「爆鎮完了!」のポーズ。(爆鎮したのかどうかはさておいて)

そして再び、着装を解いた4人と隊長が舞台に登場。
さらにスペシャルゲストで主題歌の「STORY」を歌うcaminoさんが登場。
隊長を含む5人がバックダンサーを勤めるという普段では見られない大サービス。
「STORY」もちゃんと歌詞がテレビヴァージョンでした。

歌の後、それぞれのメンバーが挨拶してショーは終了となりました。

公式サイトでは告知されていたようですが、未見のまま行ったため、かなりのサプライズ&テンションUP。
キャスト陣の立ち回りの上手さにビックリ。確かに寿里が一番下手ですがwそれでも、見劣りはしないレベル。

面白いショーでした。

|

« ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル #5「ベラルゴシティの罠」 | トップページ | ケータイ捜査官7 第11話 「サンキュー電撃作戦」 »

ヒーローショー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/41604640

この記事へのトラックバック一覧です: トミカヒーローレスキューフォースプレミアムショー(2008/6/21) :

« ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル #5「ベラルゴシティの罠」 | トップページ | ケータイ捜査官7 第11話 「サンキュー電撃作戦」 »