« 仮面ライダーキバ 第12話「初ライブ・ 黄金のスピード」 | トップページ | 呪怨 劇場版 »

劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事

最終回の余韻とか、完全無視で始まる潔さw

元々がVシネとして撮られた作品だけあって、街中などではカメラが手持ちのシーンが多く、スクリーンで観ると酔う。
最初の内は、あまりにもテレビを引きずらない展開に違和感があったが、ものの数分で、これもあり、と思わされた。他のライダーでは無理であろう、電王らしさというところか。
カースタントで何台も車潰す予算があるなら、最後まで人間体で戦い続けるファンガイア軍団を何とかして欲しかった。怪人の着ぐるみはイマジン×3、ファンガイア×1ってのは・・・まぁ、戦隊のVSでもそんなもんかw

「モモタロスのキバっていくぜ!」では、何気にキバの重要なネタが語られたり、油断できない。ストーリー自体は、恐ろしいほど「どうでもいい」作品。

ラストに流れるキバの劇場版イメージ映像。クランクイン前だから、本編には出てこないのだろうが「渡のファンガイアとしての目覚めと虐殺」ってイメージ。夏はホラー&ダークテイストなのか・・・

|

« 仮面ライダーキバ 第12話「初ライブ・ 黄金のスピード」 | トップページ | 呪怨 劇場版 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

邦画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/40905602

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事:

« 仮面ライダーキバ 第12話「初ライブ・ 黄金のスピード」 | トップページ | 呪怨 劇場版 »