« 機動戦士ガンダム00 最終話 | トップページ | 仮面ライダー電王ショー(2008/3/30) »

魔法にかけられて

前評判ではディズニーが自虐的なネタに走ったなどと聴いていたが、とんでもない!鉄板王道なディズニーラブロマンスでした。

確かにこのネタ、本気で自虐的にやろうとしたら、ディズニーランドを否定することになるんだから、そこまでやるはずがない。別世界の住人同士の行き違いと心の交流、そこから出る笑い・・・スタッフの連中、誰一人自虐的なんかなっていないはず。そう言っていたとしてもウソだw
アニメーションパートにおける、古いディスニーアニメのセルの色調まで意識したかのような画面作りは、スゴイ。

三十路のエイミー・アダムスにジゼル役ってのは、少々きつい気も。

|

« 機動戦士ガンダム00 最終話 | トップページ | 仮面ライダー電王ショー(2008/3/30) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/40678553

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法にかけられて:

« 機動戦士ガンダム00 最終話 | トップページ | 仮面ライダー電王ショー(2008/3/30) »