« 風魔の小次郎 第9話 | トップページ | T’s Landの同人誌のラインアップ »

ガリレオ 最終回「爆ぜる」後編

で、木島先生は?

無駄に派手に盛り上げようとしたために、トリック解明はおざなり、事件解決したかどうかも怪しいラスト。
シリーズ通して、原作のトリックだけを取り出し、物語をほぼ別物に再構築してきた本作だが、最終前後編で失速。1話で見せた怪奇大作戦へのオマージュとも思える原作とは別の犯人像の構築はどこへ。
所詮「月9」に過ぎなかったのか?
故意や偶然が超常現象的な科学現象を引き起こすというテーマ。あのラストでは、それが「ピンクの銅線」に集約してしまっている。いいのか?

劇場版まで1年近く間が空くわけだが、番組ラストで特に告知みたいなものもなく・・・ホントにやるの?

|

« 風魔の小次郎 第9話 | トップページ | T’s Landの同人誌のラインアップ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/17397716

この記事へのトラックバック一覧です: ガリレオ 最終回「爆ぜる」後編:

« 風魔の小次郎 第9話 | トップページ | T’s Landの同人誌のラインアップ »