« 仮面ライダー電王 第5話 | トップページ | 仮面ライダー電王 第6話 »

獣拳戦隊ゲキレンジャー 第3話

そうか、猫か、ジャンにあんな小難しい名乗りを教え込んだのは!
その前に教えなきゃいけないことが山ほどあるだろ、あのバカレッドはw

巨大ロボ戦は、動きはかつてのダイレオン並みに軽快だが、キメが手を回すか足を回すかだけでは、早いうちに他のゲキビースト投入が不可欠だろう。
バエの巨大なハエ型ゲキビーストなんてのもいずれ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

しかし、あの重り入りの雑巾を思いっきり絞れるんだから、ジャンは突進力よりも、敵をねじり殺しちゃえばいんじゃないか。

|

« 仮面ライダー電王 第5話 | トップページ | 仮面ライダー電王 第6話 »

テレビ番組」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

>あの重り入りの雑巾を思いっきり絞れる
絞った後、さらに元の平たい雑巾にまで復元してるし(w

ってか、『アンブレイカブル・・・』の意味を一応理解してるっぽいから、
バカかど~かよく解らん罠(w>レッド

投稿: WSP | 2007/03/05 22:46

ジャンを「バカ」ってハッキリ規定しちゃうと、育った環境による差別問題に発展するから、ヘタに触れられない。だから「ヘンなヤツ」としか言えない。
制作陣が自ら嵌めた枷w

投稿: 高城 剣@管理人 | 2007/03/06 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/14144885

この記事へのトラックバック一覧です: 獣拳戦隊ゲキレンジャー 第3話:

» 獣拳戦隊ゲキレンジャー 修行その3「シオシオ!そうじ力」 [MAGI☆の日記]
獣拳戦隊ゲキレンジャーの第3話を見ました。修行その3 シオシオ!そうじ力メレはリンシーズをリンリンシーに変えようとしていたが、誰も帰ってこない。「臨獣殿試しの房。ここをくぐり抜けなければリンシーがリンリンシーとなることは許されない。力なき者に存在は許され...... [続きを読む]

受信: 2007/03/05 22:39

« 仮面ライダー電王 第5話 | トップページ | 仮面ライダー電王 第6話 »