« 皇帝ペンギン | トップページ | 崎谷来未O.F.C.感謝祭スペシャルイベント at 原宿RUIDO(2006/11/19) »

WXIII 機動警察パトレイバー

東宝特撮映画、そして昭和の香りを漂わせたアニメ映画です。
原作の「廃棄物13号」を元にしていますが、原作以上に本来の主役である特車2課第2小隊=パトレイバーは出てきません。
淡々と、そして陰鬱に進む怪獣映画であり、暗澹としたラスト。
こうした実写特撮が見たいと思わせる秀逸な出来です。
舞台は原作通り「昭和」であり、今よりも過去。レイバーが活躍するが携帯電話は存在しない、不思議な近未来=過去。
面白い。
下手に押井守にやらせるよりもイイ。

|

« 皇帝ペンギン | トップページ | 崎谷来未O.F.C.感謝祭スペシャルイベント at 原宿RUIDO(2006/11/19) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/12731913

この記事へのトラックバック一覧です: WXIII 機動警察パトレイバー:

» WXIII 機動警察パトレイバー [カフェビショップ]
WXIII 機動警察パトレイバー PATLABOR THE MOVIE 3 なんだかんだで三作目も見ちゃったね。 バイオホラーサスペンスみたいな感じです。 二人の刑事が事件を捜査していく様子がほとんどを占める。 レイバーはラストあたりにちょっと出てくるぐらいで、 まあ、印象とし..... [続きを読む]

受信: 2006/11/30 07:49

« 皇帝ペンギン | トップページ | 崎谷来未O.F.C.感謝祭スペシャルイベント at 原宿RUIDO(2006/11/19) »