« ライオン丸G 第7話 | トップページ | WXIII 機動警察パトレイバー »

皇帝ペンギン

ドキュメンタリーの体裁ながら、意図的な演出、映像が挟まれるので興ざめ。
映像的にも実は格段目新しい場面はない。
ペンギンの夫婦愛と子育てがテーマなのだから、余計な演出を入れたところで落ちはない。ペンギン自体を語り部として進めるもって行きかたは悪くないのだが、いかんせん、「さすがフランス」というぐだーっとした愛物語に。

皇帝ペンギンの雛の可愛さだけで客を呼ぼうとした日本公開時の宣伝展開もうなづける。
ぬるいドキュメンタリーもどきだから。

|

« ライオン丸G 第7話 | トップページ | WXIII 機動警察パトレイバー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/12674996

この記事へのトラックバック一覧です: 皇帝ペンギン:

« ライオン丸G 第7話 | トップページ | WXIII 機動警察パトレイバー »