« WXIII 機動警察パトレイバー | トップページ | ライオン丸G 第8話 »

崎谷来未O.F.C.感謝祭スペシャルイベント at 原宿RUIDO(2006/11/19)

2007年2月で閉店となる原宿ルイードでの崎谷来未さんのファンクラブイベントと行って来ました。
通産4回目となる本イベント、いつものように来未さん監督・脚本・主演の演劇より始まりました。
タイトルは「さよならカレイドスコープ~星になったサンタ達」
来未さんとファンクラブ有志7名、そしてゲストのガーベラピューロさんによる「劇団とむやむくん」の第1回公演。

Img_4256

Img_4399

続いては来未さんとガーベラピューロさんによるライブ。
Img_4482_2

Img_4485

そして演劇メンバーによるバンド演奏。
Img_4530

演目は「ハイポジィ」と本日発表の新曲「The earth」。
以上でイベントは終了となりました。


さて、毎度書いています演劇のレビューをしたいと思います。
来未さんからは「甘辛」で。と言われておりますが・・・これ以降は関係者用ということで。

まずは出演者全員の演技レベルの上達には驚きました。確実に進歩していました。
多少なりとも聞こえてくる練習時の話しなんぞなんのその。いい仕上がりだったとは思います。
まぁ、相変わらず、セリフのとちりや進行の停滞は見られました。コレを改善というのは、最早プロになるしかないわけで、皆さん、ファンの有志、素人です。これは及第点でイイのではないでしょうか。
さて脚本。今までと比べ、来未さんの見るものに伝わらない脳内設定がだいぶ鳴りを潜めていました。
ストーリーは保育園でのサンタを信じない子供たちと、サンタに振りをして盗みを働くドロボウとの2段構成になっているんですが、つながりの希薄さを感じました。この2つを繋ぐためだけに存在している火星人もまた。
(見てない人にはストーリーの想像がつきにくいとは思いますが・・・)
イイ話なんです。来未さん流クリスマスキャロルです。
1人2役ではなく、きっちりと役割を分けて暗転ごとに描写する側を入れ替えていけば、ラストはもっと響いた気がします。

以上です。

|

« WXIII 機動警察パトレイバー | トップページ | ライオン丸G 第8話 »

青炎(崎谷来未)」カテゴリの記事

コメント

そう、実は、本来は二つをつなぐ話の構想があったのですが・・・
壮大になりすぎてなくなく削ったという・・・
いや、本当の話として・・・

ネタばれすると
そう、サンタ商会はあの保育園児の親の集団だったのです

とりあえず、次回はがんばります
(あるのか??)

投稿: ひこ@ | 2006/11/19 22:15

>ひこ@さん
ネタバレありがとうございます。
なるほどねぇ・・・

では次回公演を楽しみにしています。

投稿: 高城 剣@管理人 | 2006/11/19 22:23

当日はありがとうございます
ありがたいお言葉ありがとうございます

投稿: AZ(INDY) | 2006/11/20 23:18

>AZさん
お疲れ様でした。
実際上達してたんだから・・・
つぎは、もっと、ね( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: 高城 剣@管理人 | 2006/11/20 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/12747677

この記事へのトラックバック一覧です: 崎谷来未O.F.C.感謝祭スペシャルイベント at 原宿RUIDO(2006/11/19):

« WXIII 機動警察パトレイバー | トップページ | ライオン丸G 第8話 »