« ライオン丸G 第1話 | トップページ | ライオン丸G 第2話 »

MEATBALL MACHINE

単館レイトショー公開されている和製スプラッターホラーアクション映画の紹介です。
公式サイトはコチラ
公式サイトで募集されていた「ブロガー限定招待」を利用して観てきました。
今回はトークショー付き。特技監督の西村喜廣氏が登場との事でしたが、司会の女性が「本日は中止」の旨を通達してきました。
「?」となっていると・・・
「悪い子はいねがぁ!」と劇中に登場するネクロボーグ軍団が登場。
監督の山口雄大氏、特技監督の西村喜廣氏がネクロボーグの着ぐるみと顔メイク。
プロデューサーの山口幸彦氏と、なぜか別作品の監督の井口昇氏が赤ふんに顔だけネクロボーグメイク。
特殊メイクスタッフ2名が白ふん姿というサプライズ?
まずは来場者2名(女性)を前に連れ出し顔に傷メイク。もはや何をしたいのかわからないコーナーです。
女性の一人はたまたま来ていた井口昇氏が監督した「おいら女蛮」という作品の主演女優、亜紗美さん。
そしてトークは、多分ココで書くとマズいかもしれない制作費の云々w
ちなみに監督やプロデューサーの方々は頑なに「自分たちは本人ではない」と否定。
素敵なグダグダ感と爆笑に包まれトークショーは終了。本編上映が始まりました。

では本編のレビュー。
まず、ビデオ撮りの作品をスクリーンで見せられるのはツライことでした。走査線が目に付き、疲れることこの上ない。劇場公開するってのは映画として大事なことだと思いますが・・・
ストーリー面は特に中だるみもなく、主人公がダークヒーロー=流され堕ちていくサマが描けていた。
低予算ゆえのメイクや描写の限界は、トークショーを聞いてしまったからには文句をつけづらい。それはすなわち、事情を知らなきゃ物足りないってコト。
ネクロボーグ同士のバトルシーンはアニメチックでもあり面白いカットはたくさんあった。
しかし、ラスト。
タイトルのMEATBALL MACHINEの意味が明かされるまでの会話シーンが長く感じた。
総合的には面白かったです。


|

« ライオン丸G 第1話 | トップページ | ライオン丸G 第2話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

邦画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/12193478

この記事へのトラックバック一覧です: MEATBALL MACHINE:

» MEATBALL MACHINE −ミートボール・マシーン− [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  心浮き立つ、クリーチャースプラッター♪   [続きを読む]

受信: 2006/10/17 23:54

» お願い・・コ・ロ・シ・テ・・・ [CINECHANの映画感想]
216「MEATBALL MACHINE ミートボールマシン」(日本)  謎の生物の侵攻が静かに進行していた。機械に潜み、人間に寄生する。寄生された人間は醜悪な怪物〝ネクロボーグ〟となり、意のままに操られ、ネクロボーグ同士の壮絶な戦いを行う。それは相手を食べるためだった。  ある町工場で働く友人も彼女もいない孤独な青年ヨウジ。しかし、彼は近くの工場に勤めるサチコという女性に惹かれていた。あるきっかけでサチコと知り合うヨウジ。しかし、ヨウジの部屋に二人で一緒にいた時、サチコが謎の生物に襲...... [続きを読む]

受信: 2006/10/19 00:45

» 104.ミートボールマシン(舞台挨拶付き) [レザボアCATs]
一言で言って、とても手作り感のある、愛のこもったスプラッタ。こういう作品て、・・・なんだか憎めない♪舞台挨拶つきの回、初日で鑑賞した。今後も渋谷ユーロスペースでは、毎週土曜日にはトークショー等が開催される、ということです。実は、2週間前にも渋谷を歩いてい....... [続きを読む]

受信: 2006/10/19 04:31

» MEATBALL MACHINE -ミートボールマシン [★試写会中毒★]
満 足 度 :★★★★★★★★ (★×10=満点)  監  督 :山口雄大 / 山本淳一 キャスト :高橋一生、河井青葉、山本彩乃、諏訪太郎、手塚とおる、川崎賢一、増本庄一郎、他 ■ストーリー■  ヨウジ(高橋一生)は、工場で働く孤独な青年。 昼休み、工場の裏... [続きを読む]

受信: 2006/10/21 13:09

« ライオン丸G 第1話 | トップページ | ライオン丸G 第2話 »