« 崎谷来未路上ライブ(06/05/05) | トップページ | ローレライ »

インファナル・アフェアIII 終極無間

一言で言えば、「蛇足」。
1作目の後日譚だが、内容は過去と現在が複雑に錯綜しわかりづらい。善と悪の違いは何なのかというテーマのような気もするが、1作目には遠く及ばない。
なぜ3部作にすると3作目でガッカリさせられる作品が多いのだろう・・・
1本の映画として成立していないのが何よりも痛い。1作目を観て、そのまま続けて観ないと良くわからないだろう(2作目は観なくても判る範囲)。
逆に言えばそうやって観れば、長編のノワールムービーとして成立するのか・・・いや、やっぱストーリーが微妙。

|

« 崎谷来未路上ライブ(06/05/05) | トップページ | ローレライ »

亜細亜映画レビュー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/10007655

この記事へのトラックバック一覧です: インファナル・アフェアIII 終極無間:

« 崎谷来未路上ライブ(06/05/05) | トップページ | ローレライ »