« パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち | トップページ | ハロウィン・レザレクション »

亡国のイージス

状況解決の描写に必死で人物描写が皆無に近い、無茶な映画。
原作は未読だが、小説の映画化においてどうしても出てくるハードルであるのは、わかる。
だが、描写できなきゃその辺うまくアレンジしてくれ。思わせぶりな描写が山ほど出てきて、ソレに対する説明が皆無。結局、誰?みたいな疑問が出てくる。
ノリはダイハードである。しかし、イージス艦が舞台にもかかわらず、海洋モノによくある密室性が感じられない。
雑居ビルで戦ってるようにも見える。
男泣き必至の描写満載なだけに、残念至極である。

それにしても真田広之と中井貴一の身長差、うまくカット割でごまかしてるなぁと感心した。

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち | トップページ | ハロウィン・レザレクション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

邦画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/9792089

この記事へのトラックバック一覧です: 亡国のイージス:

« パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち | トップページ | ハロウィン・レザレクション »