« 魔戒博物展 at 松戸バンダイミュージアム | トップページ | 牙狼<GARO> 第25話 »

牙狼<GARO> 第24話

零が格闘マンガの脇役キャラの様になっている。

ガルム演ずる吉野公佳、立ち回りのキメの動きがキレイ。演出の成果もあるんだろうけどいい仕事してます。
アクションはトコトン香港アクションで行くようである。リアクションは日本らしい感じだけど。
獣化ガルムといいメシアといい、なるほど深夜枠デザイン。マンガでは普通でも、実写、しかもテレビでコレは滅多に拝めるものじゃない・・・
あっけないバラゴとむちゃくちゃ強いカオル、邪悪なる黒と白。対比の美学ですね。

次回でいよいよ最終回か・・・

|

« 魔戒博物展 at 松戸バンダイミュージアム | トップページ | 牙狼<GARO> 第25話 »

テレビ番組」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/9701995

この記事へのトラックバック一覧です: 牙狼<GARO> 第24話:

« 魔戒博物展 at 松戸バンダイミュージアム | トップページ | 牙狼<GARO> 第25話 »