« 牙狼<GARO> 第22話 | トップページ | 牙狼<GARO> 第23話 »

バットマン ビギンズ

ラーズ・アル・グールを演じた渡辺謙。話題になりましたが・・・誰でもいいんじゃない?あんなチョイ役。
原作版のラーズとは別物のキャラだし。

ストーリーは今までの映画版をなかったことにしてイチから始めるバットマン。その誕生のきっかけは原作に準じているが、その後はほぼオリジナル。ブルース・ウェインが復讐と正義に悩む心の葛藤をメインにすえたため、悪役であるスケアクロウなど過去の映画の悪役に比べれば雑魚。

しかし雰囲気は悪くない。
今後もシリーズ展開があるのなら、この勢いで突っ走って欲しいものである。

|

« 牙狼<GARO> 第22話 | トップページ | 牙狼<GARO> 第23話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

洋画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/9691905

この記事へのトラックバック一覧です: バットマン ビギンズ:

« 牙狼<GARO> 第22話 | トップページ | 牙狼<GARO> 第23話 »