« 魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー | トップページ | 牙狼<GARO> 第16話 »

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章

行ってきました、劇場へ。
自分の青春、いや人生の道標たる作品の新たなる劇場版、行かねばダメでしょう。

ストーリーはサウザー編を中心にジャッカル編とリュウガ編のスパイスを利かせたモノ。
なんか、もう、最初から最後までほとんど、泣きながら観てました。サウザー編の流れ自体、シュウのくだりは全て泣き所なうえ、ちゃんとシバまで出して・・・
もう、次どうなるかってのが、判ってるのに、判ってるから、泣ける。
男なら泣くだろう、あの話は。

しかし、その分、サウザーのお師さんが出てこないので、サウザーが本当の悪者になってしまったのがやや残念。
サブタイトルはラオウ伝だが、主役はやはりケンシロウでした。
そのラオウの性格設定も長期連載で混乱した原作から一転、キチンと原作のサウザー編以降のラオウで統一。

OVAを挟んでの次の劇場版。いよいよラオウの一片の悔いのない生涯が描かれるはず。長期プロジェクトながら楽しみです。

声優はラオウの宇梶クンが心配だったのですが、観ている内にだんだんと慣れて行きました。悪くはない。ただテレビ版の内海氏の粘りつくようなラオウがどうしてもデフォルト感がありますね。

|

« 魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー | トップページ | 牙狼<GARO> 第16話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/9268276

この記事へのトラックバック一覧です: 真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章:

« 魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー | トップページ | 牙狼<GARO> 第16話 »