« アキバチャンネル主催 SUNDAY LIVE(05/12/11) | トップページ | チームアメリカ★ワールドポリス »

姑獲鳥の夏

京極夏彦作品、いよいよ真打の京極堂シリーズの映画化です。
堤真一が京極堂と聞いて不安だったのですが、中々どうして、喋り始めたら「京極堂」でした。
原作を知っていれば、ダイジェストチックながらストーリーは楽しめるのですが、まったく知らない人間はどうかな、と思う作品です。
一応ミステリーの範疇に含まれる作品ですが、推理ってのはないんです。
起きた事実、それにまつわる人間の業を「妖怪」とし、「言霊」で祓うというモノ。
昭和20年代が舞台なのですが、予算の問題上、当時の町並みの再現は出来ない。で、舞台劇を見ているかのような場面転換で建物から建物へとシーンが移り変わっていきます。そこに監督、実相寺昭雄テイストが炸裂。
独特の世界観、演出。これも好みの分かれる監督です。
続編は、期待できないかも。

京極作品の映像化では「巷説百物語」がドラマ、アニメとも独特の世界を構築していて傑作だったのが、本作は微妙に期待はずれか?

|

« アキバチャンネル主催 SUNDAY LIVE(05/12/11) | トップページ | チームアメリカ★ワールドポリス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/7623532

この記事へのトラックバック一覧です: 姑獲鳥の夏:

« アキバチャンネル主催 SUNDAY LIVE(05/12/11) | トップページ | チームアメリカ★ワールドポリス »