« 携帯でもブログ | トップページ | 崎谷来未路上ライブ(05/10/02) »

機動戦士ガンダムSEED DESTINY

ファーストに対するゼータとして始まったDESTINYでしたが、終盤近くまで物語の核が見えてこず、結果、最終回も不完全燃焼で終わりました。
一応の主役であるシンも、本来であれば死ぬべきだったはず。やられてルナマリアの胸で泣けば済むような話ではないはずなのに。戦争の被害者?のつもりか。
戦争に善悪はないものだが、秀でた破壊力による虐殺者、それがシンである。状況を見ようとしないまま甘言に踊らされ、デュランダルの狂気ともいえる野望の片棒を担いだのだから。
キラも「無敵の最強コーディネーター」たるが故、本来脇に徹する続編で主役化してしまった。ゼータでアムロが主役になるようなものである。
ルナマリアもキャラ人気は高いが、ストーリー上はヒロインしてないし、カガリは最終回なのに喋んないし、ステラは無意味に裸で出てくるし、ラクスは艦橋でシードはじけっぱなしだし・・・もう。
なにもかもシンのキャラクター設定が歪んでいたせいで物語は迷走し、着地に失敗した。
離陸時に着地点を決めていなかったのであろうか?
途中途中秀でたエピソードはあったのに、最後の悪を個人の野望にしちゃうからヘンになる。
総集編でアフターエピソードくっつけるかな。
来年以降のPART3も決定したSEED SAGAであるが、次は明るいダブルゼータ?
続きよりサイドストーリーであるASTRAYやった方がいいんではないか?

|

« 携帯でもブログ | トップページ | 崎谷来未路上ライブ(05/10/02) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/6204937

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムSEED DESTINY:

« 携帯でもブログ | トップページ | 崎谷来未路上ライブ(05/10/02) »