« 崎谷来未路上ライブ(05/10/16) | トップページ | パペット・マスター 悪魔の人形伝説 »

稀人

呪怨の清水崇監督による、低予算ムービーフェスティバル「ホラー番長」の一編。
H.P.ラブクラフトの短編を読んでいるかのような雰囲気。
内容は「恐怖」を求める男の物語。謎の地下世界から連れ帰った少女、その正体は・・・。
「狂気の山脈」などとファンをニヤリとさせるセリフもあり。
ホラーであってホラーでない。昨今の清水監督自身の呪怨に代表されるような脅かし描写もない。
「恐怖」を求め「狂気」に陥って破滅していく男の様が淡々と描かれるのみ。

自主映画臭の強いモノがお好きな方なら・・・

|

« 崎谷来未路上ライブ(05/10/16) | トップページ | パペット・マスター 悪魔の人形伝説 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/6443291

この記事へのトラックバック一覧です: 稀人:

« 崎谷来未路上ライブ(05/10/16) | トップページ | パペット・マスター 悪魔の人形伝説 »