« 崎谷来未路上ライブ(05/09/04) | トップページ | 新・影の軍団 第二章 »

新・影の軍団

かつてテレビで5シリーズも続いた忍者アクション。その新作です。
舞台はテレビシリーズよりも遡って、初代の服部半蔵と風魔小太郎と猿飛佐助の三つ巴の戦いが描かれます。
しかし!
本作は導入部。これから盛り上がるってところで終わります。
テレビのノリを期待するとド外道の半蔵に度肝を抜かれます。千葉真一氏はまったくアクションなしだし。
それよりも本人の目元などの皺を隠すために、ものすごーく思いっきり後頭部へ顔面の皮膚を引っ張っているのが気になって仕方ありません。
影の軍団といっても信長による伊賀殲滅をから逃げ延びた有象無象。彼らの成長の物語でもあります。

引き続き続編もレビューの予定です。

|

« 崎谷来未路上ライブ(05/09/04) | トップページ | 新・影の軍団 第二章 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/5816481

この記事へのトラックバック一覧です: 新・影の軍団:

« 崎谷来未路上ライブ(05/09/04) | トップページ | 新・影の軍団 第二章 »