« 新・影の軍団 第三章~地雷火~ | トップページ | 電車男 第10話 »

新・影の軍団Ⅳ ~地雷火~

オープニング観るとタイトルが第四章じゃなくてⅣになってる。何故か?
開始10分くらい第三章のおさらい。長いよ。
今回の見所は後半の20分くらい続くチャンバラシーン。
予算節約のためか血しぶきのほとんどがCG合成。しかしなんだか似たような立ち回りが続き、そういえばお前ら何で斬りあってんだっけ?てな状態に。
御大、千葉真一VS松方弘樹のタイマンも微妙にゆるい。松方弘樹の刀の持ち方って軽いんだよな。。逆に千葉真一が重たげに刀を振るんで目立つ。その辺、チャンバラ時代劇とアクション時代劇の差があるのだと思うけど。誰か注意してくれ。言えないんだろうけど。
ストーリーは後半に向かってあってなきに。根来衆の鉄砲が先込め式なのに弾も込めずに連発して撃っちゃたり。
あーあ・・・まぁ、アクションの流れ重視だろうから。娯楽としてみるなら突っ込むべき話じゃないし。
結局、大阪冬の陣に突入!して話は終わり。あれこれ複雑な陰謀も「忍者は人にあらず」という服部半蔵の説明になってない理屈で、翻弄された影たちみんな何だか納得してる。
お前ら、もう、切っちゃえ、半蔵を。
それにしても今作はウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊と特撮役者の吹き溜まりと化しています。
誰が何に出ていたかなんて、わかればアナタも特撮ヲタク。

そうそう・・・地雷火ってなんだったんだろう・・・

|

« 新・影の軍団 第三章~地雷火~ | トップページ | 電車男 第10話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/5958945

この記事へのトラックバック一覧です: 新・影の軍団Ⅳ ~地雷火~:

« 新・影の軍団 第三章~地雷火~ | トップページ | 電車男 第10話 »