« 電車男 第2話 | トップページ | 後楽園スカイシアター »

電車男 劇場版

観客動員数200万人突破!らしいですね。
テレビ、原作、コミックといろいろ見比べたいので珍しく劇場に足を運びました。
テレビが原作を逸脱しつつあるのに比べ、非常に無難に原作に沿った作り。登場人物の固有名詞を出さずに、きちんとまとめ上げたシナリオはよかったと思います。
エルメスは中谷美紀に似ているというところから本人をキャスティングしたのはさすがですが、ちょい老け気味?
「ケイゾク」の頃が旬だったと思われ・・・。
しかし、原作を知らずに映画を観た場合、「なんでオタク3人組は唐突に戦場にいるのか?」という疑問は出ないのだろうか?何気に効果音もでかくて急な転換はびびる。
秋葉原の風景が夜ばかりでちょい不満。
でも、日本映画としては珍しく「ちゃんと笑える」ラブコメディーになっていた。
あの話が嫌いでなければ、劇場で観てもイイ映画だと思います。

|

« 電車男 第2話 | トップページ | 後楽園スカイシアター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

邦画レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97193/4984892

この記事へのトラックバック一覧です: 電車男 劇場版:

» 電車男 [毎週水曜日にMOVIE!]
6本、ヴァージンシネマズで映画を観たので、一本タダになりました。がんばった甲斐があります。で、何にしようかなと考えましたが、友人に薦められた「電車男」に決めました。 元来、小さなフィギュアとか大好きで結構集めてるし、パソコンの前に結構座ってるし、チャットはしないけど、コミュニティには入ってるし・・と自分が結構オタク気味。 なので、割合望んで観にいってる感あり。 典型的なオタクのハンドルネーム電車男(山田孝之)は彼女いない歴=年齢で、まったくさえないというかいわゆるキモいタイプ。 ... [続きを読む]

受信: 2005/07/16 23:36

» 電車男 真性のヲタクはあんな美しくない! [Blog・キネマ文化論]
●昨夜は電車男をTOHOシネマ浜松にて鑑賞した。スポーツジムで腰を痛めてしまい歩 [続きを読む]

受信: 2005/07/28 01:37

» 『電車男』 [京の昼寝〜♪]
■監督 村上正典■脚本 金子ありさ■原作 中野独人(「電車男」)■キャスト 山田孝之、中谷美紀、国仲涼子、佐々木蔵之介、大杉 漣、西田尚美   電車内で暴れる中年おじさん(大杉 漣)から若い女性を救った、ヲタク青年22歳(山田孝之)。 彼女いない歴=年齢の彼は実家在住のシステムエンジニアで、見るからにヲタクを地でいくタイプ。 電車で助けたその女性(中谷美紀)からお礼に高級ブランドのエルメスのティーカ�... [続きを読む]

受信: 2005/07/28 22:27

» 本・漫画・映画・テレビドラマ「電車男」にみる      メディアミックスの未来とは? [マイホームシアターBlog(ブログ)映像コンテスト 無料動画 マンション映像配信]
皆さん、こんにちは。 イー・ステート・オンラインの安田です。 皆さんは、「メ... [続きを読む]

受信: 2005/08/11 13:45

» 映画版『電車男』感想見聞! [萌えきすとらBLOG]
映画『電車男』の感想(キネマ忍者・松下怜之佑の映画100本斬り!!平成十七年の忍者より)を読んでみました。それにしても、制作費が1億円かかっていないそうですが、スゴイですね!!しかも、結構、泣いている人が多いらしく良作のようです。 そう言えば、同時期に映画『四日間の奇跡』をぶつけることになった佐々部清監督は、別の意味で泣いているようですが……(苦笑)。... [続きを読む]

受信: 2005/10/17 20:58

» 電車男 今年の246本目 [猫姫じゃ]
電車男 秋葉の中心で、愛を叫ぶ!! あたしゃ、お断りだね。だって、あんなところで、恥ずかしいもの、、、 エルメスって、心の広い女性、ですね。 ぁ、オタクなんじゃないの??これ以外、テレビも本も、ぜんぜん知らないので、なんですケド、韓流っぽさを感じました。....... [続きを読む]

受信: 2006/01/10 15:21

« 電車男 第2話 | トップページ | 後楽園スカイシアター »